暗闇の中でまた

東北地方太平洋沖地震
通称東北関東大震災
マグニチュード8.8から9.0に修正された頃
ここ関東にも影響が及んだ

停電
地震により発電所の稼働が停止
それによって供給電気量が間に合わない状態
皆が節電をした(ツイッターでは「ヤシマ作戦」として広がった)
しかしそれでも間に合わず
東京電力は昨夜計画停電を発表
自分の住んでいる狭山市の某地域は2G
午前と午後の停電に慌てて備えた
しかし翌日、午前中の停電は無かった
東電は供給量が間に合ったからだと説明
原発の件でせわしいとは思うが
情報の相次ぐ変更は混乱を招くことにしかならない
さて、午後は停電するのかな?

物資調達
土曜日の帰りにみたGSの行列
今日見たのは日用品を求める人々だった
友人と近所のホームセンターに訪れた際
店に入ろうとする車の渋滞をみた
店内のレジは混雑していた
欲しかった懐中電灯、電池は無かった
トイレットペーパーは入荷未定
変わりにキッチンペーパーが売っていたが
それでも箱1つ買った人がいた
教科書で見た「オイルショック」に似た光景

場所を変えてアウトドアショップへ赴く
店の前で列を作っている人々
客を一人一人案内している。買い占め防止対策だと思う
しかし進みが遅いので断念
すぐ近くのドラッグストアでつまみや化粧品を買って解散

被災地には買いたくても店がない状態だから
段違いにこっちは恵まれてるなあ

広告

東北地方太平洋沖地震の翌日

今日は予定通り行けば
部活の友人らが集まって先輩の引越しの手伝いをするはずだった
しかし昨日の地震で交通はマヒし
余震の可能性を捨てきれないため
中止
しかし白物家電は移動したいとのことだったので
今日は先輩の馴染みの友人と4人で引っ越し開始
遠く長野から駆け付けてくれたご友人らに感謝
本当の目的は例大祭(しかし中止)

我が家のトラックを貸したんだが
とても素晴らしいドラテクだった
1年のブランクをかんじさせない
見習いたいものです

ご友人と合流して
荷造り開始
ダンボールを組みたてるところから始まった
しかし人海戦術でなんなく積まれていった
4割本
荷造りの最中に相馬にいる親戚からメールが届いた
相馬と言えば7.3mの津波が襲った地域
家は壊れていなかったものの
中はめちゃめちゃでやるせない状態だったという

その後はせっせと新居に荷物を運び
ことは済んだ
この時情報源がないという心細さがあった
トラックのオーディオは小さい時壊してしまったから

帰宅途中のGSにはガソリンを求めて渋滞が出来ていた
夕方には解散
家に帰ってテレビを見れば
福島第一原発の爆発
放射能漏れの可能性
拡大する避難地域
非常に頼りない情報環境
不安をあおっているようにしかみえない
そもそも国が曖昧な言い方をするからなんだけども

被災地はより心もとない状況下
自分が出来るのは節電くらい

最後に相馬の親戚からのメールに添付された画像をば
image006
image007