お誕生日わあい☆

20101212
友人の誘いを受けて再び阿佐ヶ谷の
レモンハートにお邪魔した
約1カ月ぶりの訪問
2010年11月13日の日記

結論から言えば至れり尽くせりで感無量

最初に飲んだサクランボのビールがおいしかった
飲みやすいから最初からペース上げてたような・・・・
…喉乾いてたんだよきっと…w
食事もおいしかった
これから味に斑をなくしていけばいいと思いました
でも最初のうちはなんでも不安定だよね
前回訪れた時よりもメニューが増えてて良かった
選択の幅が広がるしね

2本目にレモンビールを頼む
レモンの味が控えめな感じだった
徐々にビールの苦みが迫ってくるようなチョイスしてたなあ…
3本目には薦めていただいたギロチンを。
アルコール度数も少し高かった
ギロチンを一口飲んだあたりから出来上がってきたw
やはり飲むと「オープンマイハート」しかけるw
普段からそんな感じで気さくだったらどんなに人生成功してるか…
くそ、こんな陰気な文章描いてるってことは醒め始めてるってことか?

そして厚かましくも店で一番偉い人に
「明日誕生日なんでドラム叩いてください」とお願いした
快く引き受けてもらった
ドラムの演奏聴くとか友人のライブ以来
演奏を聴いて酔いが少し醒めた
浮いてた感覚が地に落ちついたあの感覚

一段落したところで
なにか強いお酒でも手を出してみようかと思い頼んでみる
出してもらったのは店の名前でもある「レモンハート」
度数75度
香りもそれほど強くもない
消毒液みたいな匂い
飲んでみる
間違いだった。
半袖半ズボンのビーチサンダルで富士山挑むくらい間違ってた
最初飲んだ時口に味覚がやってこなかった
ほぼ痛覚
驚愕の後にやってくる笑いが我ながら理解を超えていた
思わずタオルで口を押さえる
新世界すぎる
ああ、量をほんの少しにして下さいと頼んで大正解だった
謎の感覚にwktkdkdkしながら飲んだ
おかしいのは「もうヤダ」とは思わずに「他の強いお酒も気になる・・・」という興味がわいたこと

楽しい時間はあっという間に過ぎ
惜しみつつ店を後にする
店の人に非常に良くしてもらって楽しかった
本当にありがとうございますた

帰り
所沢で新宿線から池袋線に乗り換える時に誕生日を迎えました
とりあえず前夜祭の話はここで終わり
おまけで今日買った本の話でも書く

ずっと前から気になっていたエドワード・ゴーリー「不幸な子供」を買った
童話のカテゴリに入ってるのに内容が暗すぎて大人の童話に類する
これはある程度酒が入ってる時に読むと更に良いかもしれないと思った
病的な作画と病的な話
救いようのない感じがなんとも良い!

広告