コミケ98中止を受けての対応

表紙のみ

すでにご承知の方もいらっしゃるかと思うが、コミックマーケット98が中止となった。


当落通知からわずか2週間での決定で、私としては「決まって良かった」「やっぱりな」という所感である。
夏のオリンピックが中止の方向で動けば、同会場を使う様々なイベントも中止にせざるを得ないのが自明だからだ。悪評も尽きないコミケだから決行すれば風当たりは今以上に厳しかっただろう。
しかし、オリンピックの1年延期となれば、1年後に予約を入れているイベントは…?草の根イベントが国家的行事に抗うことはできるのだろうか。そして次はいつ、どこで開催できるのだろうか。

次回開催の先行きを案じつつ、すでに完成に近づいた新作の処遇について述べる。
各ジャンルの同人イベントが軒並み中止・延期を決め、お披露目の機会を失ってしまった。ほとぼりが冷めるまでクオリティを上げて温めておくのも良いが、はやく形にしたい気持ちもある。自分が新型コロナウイルスにかからず(今だって無症状なだけかもしれない)、そうでなくてもこの先も健康に生活を続けることができる保証はない。
また、イベント中止のあおりを受けるのはサークルだけでは無く、同人誌印刷を担う印刷会社もだ。会社によっては規模の縮小・休業に追い込まれている。世の中が元に戻ったとき、どれほどの会社が生き残っているだろうか。そのとき自分がお世話になりたい印刷会社は果たして残っているだろうか。
そんな考えを巡らした結果、5月5日付けで「日本∞(ムゲン)」を発行することにした。
ただ作って満足するだけではなく、販売もする。まずはBOOTHで。
BOOTHページだけ作ってまだ何も無いが、販売額はイベント販売よりも割高になる気でいる。5月の発売をお楽しみに。
イベントが再開されればそれをひっさげて売りに行くので、それも楽しみにして欲しい。私も楽しみだ。新型コロナウイルスに怯えること無く対面で新刊を渡すことができる世界が。

同情するなら金をくれ。マスク2枚は嫌じゃ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中