8年ぶりのスキー

DSC_6070

群馬へスキーに行ってきました。

深刻な雪不足の今季、スキー場を元気づけようと行ってきました。
自分が滑りたいだけなんだけどさ。
最近はバスツアーが充実していて、本当に手ぶらで行っても問題ない。
基本料金にレンタルセット着けても15,000円くらいで済む。
しかも、出発数日前に予約しても空きがあるレベル。
みんな、行こう!

20200112_075248780
日曜日、集合場所の所沢駅へ向かう。が、人身事故で電車が動かないアクシデント。クルマで駅まで向かった。
集合時刻に間に合い、バスに乗り込む。バスはかなり空いていた。
2時間くらいで、ノルン水上スキー場に到着した。
首都圏から近い!のが売りらしく駐車場はいっぱい。人もいっぱい。
流れるようにリフト券引き替え、レンタル受付、着替えを済ませてゲレンデへ。
レンタルの導線はわかりやすかった。
DSC_6077
2012年の軽井沢以来、8年ぶりのスキーで何が巻き起こるか。
まずスキー板が重く感じてまともに歩けないこと。リフト乗り場までたどり着くことがとんでもなくハードだった。
リフトに乗って登り切って見下げるゲレンデは、中級コースに見える勾配に感じられた。人がところどころで止まってたりするから、難易度は自ずと上がる。
そこに私の運動音痴が加われば、滑るたびに転ぶコンボが待っている。
泣き言愚痴怒声悲鳴をあげながら、股裂き状態、あるいは脚がねじれながらずり下がる姿は、「こいつをちびっこスキースクールにぶち込もうか」と思える醜態。昼休憩を取るまで何回転んだかわからない。8年前はもっと、いやもう少し上手だったと思うよ…。
とはいえ、滑ると身体が温まって、汗までかいてくる。風を切り(完全に切られる方だったけど)、山を下るのは楽しかった。
DSC_6071
興奮冷めやらぬなか、人でごった返す食堂で休憩。ハヤシライス1,000円。おいちいね。コインロッカーが返却式ではなかったので、食料の持ち込みするよりかは諦めて食堂のほうが温かいしいいかも。
お腹ふくれた安心感と、疲れが見え始めた午後の滑り。
転倒回数は格段に少なくなったが、疲れてぼやぼやする。しかも、ニット帽被ってないから頭から熱が逃げる。売店のニット帽が高すぎて買えなかった。
DSC_6075
再び休憩。クレープを食べる。クリーム&小倉抹茶550円。都内のクレープ屋さんと値段は変わらず。でも、量があって、ジャンク感あった。特に生クリームの量。スキー場ぼったくり価格の食べ物が多い中で、量を求めるならこのクレープは安心して食べて良い。
クレープのあと、2回くらい滑って、この日は終了。これ以上滑ると明日の筋肉痛が怖かったから。それに疲れてやっぱり転けたし。
早めに着替えて、バスの出発時間までのんびり待つ。ノルンはシャワーとか温泉が併設されてない。自家用車なら帰りに温泉寄れるけど、ツアー客はちょっとツラいかも。
帰りのバスは、事故渋滞にはまってしまうも安全に帰れた。途中休憩で寄居PAに行くと、「星の王子様」コンセプトの建物だった。店内もおしゃれだったけど、定番のホットスナックやお土産、食糧品売り場が見当たらなかった。

ノルン水上スキー場は、コンパクトで滑り初めには丁度良かったと思う。子供向けのスキーパークもあったし。ただコンパクト故に人がゲレンデにいすぎて滑るとき怖かった。
運動音痴としては広くて長めのコースがあって、ついでに温泉が併設されてるといいな。もう一回くらいスキー行きたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中