銃とマラソン

20190302_102250880

土曜日に猟銃の初心者講習会を受けてきた。

きっかけは狩りをして、捕った獲物を食べてみたいという気持ちが強くなったから。危なっかしい理由だが、農作物が害獣に荒らされる被害についての関心はそれなり。
ハンターになるまで、いろんなステップを積まないといけないなかで、まずは初心者講習会の受講だった。
会場はさいたま市の見沼グリーンセンター。受講人数は40余名。年齢層高めだが高校生がいたのはいささか驚いた。
1日がかりの講習は座学で退屈だったが、猟友会講師による銃の扱い方の話は感心が高まっていた。
どんな銃が欲しいか悩んだが、上下二連散弾銃が自分に合ってそうだと思った。次は教習射撃だが、手続きに必要な書類がまた多いのなんの。近々銃砲店で相談しようと思う。

DSC_4685DSC_4681
リス小屋と温室が併設されている。良い公園だった。

DSC_4677DSC_4676
金曜日。1時間早退して向かったのはお台場テレコムセンター。
ボランティアメンバーの受付会場。
昨年はビッグサイトに集められ、訳のわからんアプリ入れて参加認証し、ホールに集められて説明を聞くものだったが、今回はQRコードを読みとられて、ボランティアウェアもらって終わりの流れ作業だった。
楽で助かった反面、台場まで行くのしんどいから会場もっと内陸にしてもらえぬかとつくづく思った。

DSC_4695DSC_4698-1
青のウェアは給水・補給セクションの証。
昨年は黄色の誘導セクションだったので、違う色のウェアが着られると知ったらそりゃボランティアやりますわな。ゆるいコレクター魂が揺さぶられる。
日曜日、始発に乗って都庁へ集合。乗り換えの練馬駅ではすでにウェアに身を包んだボランティアがいた。気合い十分である。
雨が降り出しそうな寒い天気で、活動開始。
ミッション内容は、スタート前のランナーにバナナやポカリ等を支給すること。出発前のランナーに食物を振舞いながら「いってらっしゃい」「頑張ってください」と一声掛けるのは寒空に一瞬の心のふれあいをもたらした。またテントでの活動だったので雨に濡れることも少なく心身の負担も軽かったのが救い。
8時近くになり、徐々にランナーが集まっていくと、そんな一言のふれあいもままならないくらい補給ポイントが賑わった。
ポジション交代で物資の開封に回っていたが、まずランチパック、バナナが空になり、ポカリも品薄になっていった。当初は開けすぎでは無いかと思ったポカリの箱も、いつしか開ける箱がなくなるほどの早さで無くなり、ついにはみかんだけが余った。みかん食べるとお腹緩くなりそうだからランナーには向いていないのでは?と個人的に思う。
フロントはすでにみかんを捌くボランティアでいっぱいで入る隙も無かったので、正直手持ち無沙汰な時間もあった。小さいゴミを拾うとかゴミの整理するとかそんなことして過ごしてた。そんなことして過ごしても、場の雰囲気は悪くなかった。自分で探した仕事をこなしていればボランティアは成立するのがわかった。また、ともにテントの下で助け合ったボランティアメンバーの優秀さたるや。
9時過ぎには無事スタートの号砲も聞こえ、ランナーを送り出すミッションは一段落。戦場と化したテントに訪れた安堵。ランナーの荷物を運ぶ佐川トラックに手を振ったりした。その後はゴミを集積場所まで運び、この日のミッションは全て終了した。
メンバーからは色々お褒めの言葉をいただいたが、自分は人を褒める言葉が出なかった。自分のことだけではなく周りをみないといけないな、と深く反省。人を褒められるような動きをしようと思った。

DSC_4699
ボランティア上がりには、小田急の催事場でカナダビールを浴びる。
お姉さんにお勧めしてもらったラズベリービール。ベリーの香りと味がしっかりしつつも後味がドライでいいビールを紹介してもらった。
551蓬莱の豚まんとかも買って充実した土日を過ごした。
やはり休日はこうでなくちゃな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中