埼玉の魅力 3月編

DSC_2240-1

愛すべき埼玉の魅力を紹介(というか、ここ最近行ってきた場所の紹介)

久喜市にある百観音温泉。
自噴57℃という全国でも珍しい熱々強塩温泉。
この日は10時に訪れてみたけど、すでにかなりの賑わい。
人気の高さが窺える。入浴料金も時間制であり、回転重視なのだろう。
身を清めて入るお湯は、良い感じに茶色く濁っている。日が当たると黄金に輝き、ずっと眺めていたくなる。
時間制の特長を活かし、お風呂に集中して入ることができる。
足も伸ばせるくらい広い炭酸泉も人気。
サウナも熱々。水風呂を肩まで浸かって整うという状態を初めて体感できた。
これはクセになるは…。

DSC_2244-1DSC_2247-1
ほかほか気分で次に向かったのは、熊谷にあるニシダ飴。
本業の飴も美味しいけど、生チョコレートの「熊谷石畳」が最高に美味しい。
舌でとろけて濃厚な抹茶の香りと甘みが広がる。濃厚なので一箱一気食いは胃もたれしそうなので気をつけよう。
DSC_2262-1
日を改めて、小川町の晴雲酒造。
しぼりたて生酒の辛口具合は強烈。これ絶対酔うわ~なんて思いながら飲むのがまた良い。
酒蔵も見学でき、蔵の大きな梁に見惚れる。糀の甘い香りが漂い、酒造りのロマンをかき立てる。
埼玉は数多くの酒蔵を抱える、お酒の名産地。酒処埼玉に栄光あれ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中