北の大地へ 3日目


さらば北海道。

DSC_1472DSC_1476
最終日は5時に起きて、納沙布岬で日の出を独り占めすることに(父はホテルで待機)。
岬へ近づくにつれて空は明るくなってきて、気持ちが高まる。このカタルシスを味わえるのがとても気持ちよかった。当然車は私のみ。道路を独り占めである(安全運転)
DSC_1477DSC_1481
まだ月が見守る世界。それでも東から朝日の訪れを告げる赤い光が覗いている。
寒かったけど、日本で一番早い朝日(厳密には違うらしい)を拝める興奮で大して気にならなかった。
DSC_1486DSC_1487DSC_1488DSC_1490DSC_1492DSC_1496
左からつづら折りに朝日が昇る瞬間。
この日の日の出は5:58。写真は1分刻み。小さくとも力強く輝く宝石のような太陽のお出まし。スマホのカメラでは収まらないダイナミックさがあった。
DSC_1505
年賀状の候補にしよう。
DSC_1507
パノラマモードして朝日と月を一緒に撮影。これもお気に入りの一枚。
道東旅行でやりたかったことを一通り成し遂げて、あとはぶらぶら帰るだけとなった。
DSC_1516DSC_1517
ホテルへ戻る途中、キタキツネを見かけた。しっぽが文字通りふっさふさで、ここまで一度も動物に遭遇していなかっただけにアホみたいに興奮した。
くれぐれも見守るだけにするように。寄生虫怖いからね。
朝食はバイキング。マーガリンを不健康塗りして食べると罪悪感あるね。
DSC_1528DSC_1523
グーグルマップと少しルートが違うけど、根室本線と太平洋に沿って、クルマを走らせた。北海道の鉄道はほとんどが赤字路線。根室を釧路を結ぶこの鉄道も10年後あるかわからない過疎路線だ。観光列車とかあれば楽しいと思うけどなあ。
DSC_1531DSC_1530
霧多布岬まできた。
この岬、駐車場からかなり歩く。灯台の先もまだ道があり、行って帰るまで20分くらいかかる。無駄に滞在時間が長くなるスポット。当然見晴らしは良い。
DSC_1536DSC_1539DSC_1538DSC_1540
何があるというわけではないが、感傷に浸るにはちょうど良い場所。
DSC_1544DSC_1543
クルマを更に進め厚岸(あっけし)まで。ちょうど根室と釧路の中間地点。牡蠣の産地として有名で、他の魚介類も豊富にとれる。早速ここでお土産物色。ししゃもや地酒「北の勝」を購入。北海道のお土産はクール便で送るに限る。
かには買わなかった。食べるのめんどい。
DSC_1545DSC_1546
DSC_1547DSC_1548
道の駅「厚岸味覚ターミナル コンキリエ」でちょっと早いお昼。
牡蠣の食べ比べと牡蠣のカルボナーラ。北海道最後のご飯なのでちょっと贅沢に。
食べ比べは「カキえもん」と「丸えもん」の2種。丸えもんのほうが大きいけど(通常は逆)、味はカキえもんが好み。
この場所も父は昔訪れた場所らしい。うらやましいな。
食後、もうちょっと観光しようと案内の人に聴いてみたが、飛行機の時間を告げるとこの残り時間では厳しいとアドバイスをいただき、普段よりちょっとだけ遅い速度で釧路を目指すことにした。
DSC_1550DSC_1549
釧路に近づくにつれ、民家や信号が多く見られ、都会にやってきた感じがした。釧路駅舎の立派なことよ。
道の左右に構える建物に安心しつつ、そそくさと釧路空港へ。
DSC_1552DSC_1553
3日間ともに走り抜けたC-HRとあまりに淡泊なお別れをし、14:55の羽田行きの出発を待つ。ロビーでソフトクリームを食べる。水を使わないで作った濃厚なソフト。北海道は五感が満たされる場所だ。
DSC_1557DSC_1555
お土産もスーツケースがぱんぱんになるくらい買って、搭乗。
隣の席が居なかったので、窓に張り付いて写真を撮った。飛行機に乗らない人間には貴重な時間だ。
DSC_1565DSC_1563DSC_1576DSC_1581
落ち行く太陽に見守られながら、90分のフライトが終了。東端から太陽をお出迎えした身としては、西に沈む太陽の存在がその日はちょっと特別な感じがした。
ちなみに私は羽田空港が好きだ。離発着から見える都市の風景が一番好きで、これだけのために高い金払ってでも羽田から出かけたい。成田?遠慮します。
DSC_1586DSC_1585-1
荷物を受け取ってリムジンバスで所沢まで。出発まで10分切ってたので、焦ったけど無事乗れた。都会は人が多くてまぶしい場所だった。
帰宅してお土産を広げる。わかさいも、トラピストクッキー、札幌農学校クッキー、オランダせんべい、地酒飲み比べ、ほたての貝柱…。北海道まみれである。六花亭とかロイズとかよりも北海道らしいお土産たくさんみつけたのが嬉しかった。
さて、C-HRの走行距離だが、787km。新車同然の乗り心地で楽しかったし、4輪駆動ながらリッター平均17km。うちのラクティスより燃費が良い。
このクルマ無くして旅は楽しめなかっただろう。所有したいかと言えばそうでもなかったけど。車線はみ出し警告がうるさかったし(黙らせることが可能)。
これで、今年は南は広島、北は北海道までと、縦横無尽に訪れた感じがした。次はどこに行こうかな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中