日帰り旅・お風呂カフェBIVOUAC

DSC_0808
休み取った途端にぐずついた天気で行きたいところにも行けず、むしゃくしゃしてお風呂巡りを敢行した。

前回6月に訪れた玉川温泉の系列店である「お風呂カフェBIVOUAC」に行った。
場所は熊谷の籠原駅の近く。
下道を使って渋滞にはまりつつ2時間で到着。繁盛してるのか駐車場が3つのうち2つは満車。ちょっと遠い第3駐車場に止めていざ入店。
DSC_0809
木のぬくもりを感じる柔らかい色使いの内装。
さらに目に飛び込んでくるのはボルダリング。有料予約制だけどかなり人気みたい。
店内に広がるリラックス空間。最初は意識高い系かとびびってしまったけど、全く肩肘張る必要なかった。
大江戸温泉物語みたいな後会計で、館内着とタオル(大小2枚)が渡される。
お風呂は沸かし湯と、系列店から汲んできた温泉がある。内湯は種類が豊富で炭酸泉や硫黄泉、サウナがある。洗剤もシケたものじゃ無くてPOLAのしっかりしたものだから手ぶらでOK。しゅごいうれちい。お気に入りは炭酸泉。気泡がたくさんついて最高。
DSC_0801DSC_0799
風呂上がりはレストランで昼食。丼もの、麺類、デザートと定番をはずさないメニューもある。オムライスのワンプレートを注文。
風呂上がりなのでちょうど良い量。腹ぺこには物足りないだろうとおもう。
DSC_0802DSC_0804
館内。
ずっとぐだぐだしていたい空間。
旅行ガイドや普通書籍、漫画が蔵書されててお好みの場所で読書にふけることができる。
わりとアニメ化されたものや人気書籍が多かった。当然過度なエログロ漫画はございません。
今回入らなかったけど仮眠室もあるので、旅の休憩にももってこい(10時開店、翌9時閉店なので夜を明かすことができる)
フロントのある1階に降りると暖炉がある休憩スペースへ移動。
暖炉の奥にあるバーにはお酒を楽しんだり、無料のコーヒーがあったり、至れり尽くせり。シャトルバスも出てるので無理してクルマで来ることない。
家族連れも多く(山の日だった)子供たちの声がよく響いてたけど、いらいらしない程度に落ち着いた空間が保たれていた。
新しい逃避場所ができて満足。期待も上回っててお気に入りになりそう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中