諏訪湖のようになりたい①


思うところあって、長野県は諏訪に1泊2日の旅行してきました。

IMG_1187IMG_1191
運よく3連休が取れたので、前々から訪れたかった諏訪に行ってきました。
朝としては若干遅い時間に出発し、中央道を下りました。
休憩で寄った八ヶ岳PAで元祖信玄ソフトを食べました。
ソフトクリームと黒蜜、きなこのハーモニーがおいしかったです。
でも、きなこがぼろぼろとこぼれるので、食べる時は注意してください。
同PAのトイレ前では、つばめが子育ての最中でした。くぁわうぃ
IMG_1200IMG_1201
諏訪インターを降り、最初の目的地である霧ヶ峰高原へ。
諏訪盆地を北へ上り、山道を進むと、急に視界が開けました。
その先に見えたのはまるで息を飲むような広大な丘陵。霧ヶ峰の名にふさわしく霧がかった風景がまた雰囲気を醸し出します。
欧州の手つかずの自然のようでamazing!でした。
IMG_1215IMG_1216
ドライブインに到着した後は、ほびえる車山に登りました。
普段着で登れる気軽な山です。片道30分ほど。下から見上げるよりも道のりがありましたが、自分の足音と風が草花をなでる音しか聞こえないので、穏やかに感じられました。これからのシーズンはもっと賑わいそうなので、静かなのは今のうちだとは思いましたが。
IMG_1218IMG_1221
山頂は霧深く、眺望ゼロでした。残念。それでも季節によって違う美しさを見せる高原ですので、ぜひ訪れてほしいです。市街からそれほど時間もかからないのも魅力です。
IMG_1245IMG_1242
お宿に到着して(画像は後ほど)ひと眠りして、夕食を食べました。
R20沿いにあるドミンゴというラテンレストランです。
宿の近くに「くらすわ」という意識高いレストランもありましたが、地元民が食べるごはんを食べたかったので、ここにしました。
IMG_1243IMG_1244
スペイン風サラダと、イカ墨スパゲティ。2品ともなかなか量がありましたが、おいしかったです。内装もおしゃれでした。
IMG_1256IMG_1259
この日の一番盛り上がった場所、片倉館。
昭和初期に完成した温浴施設です。驚くのはやはり内装。まるで聖堂の中に巨大な浴槽があるみたいで、贅沢の極みでした。浴槽の水深は110cm。底には玉砂利が敷き詰められ、足裏に心地よい刺激を与えることができます。お湯もなめらかでこんな素敵な場所に650円で入っていいの?と驚きました。信州屈指の温泉街がなせる技ですね。
良い場所すぎる・・・!
IMG_1252IMG_1249
順番は前後しますが、諏訪湖を眺めました。
写真よりもだいぶ暗かったですが、心が落ち着きました。

IMG_1263IMG_1234
今回のお宿、渋の湯。
シーズン前ということもあり、稼働率は低めでしたが、一人旅でありながら広めの和室に案内してくれたり、wi-fi完備だったのはありがたかったです。
お宿の温泉は肌がすべすべになるのを感じられるものでした。
湯温は高めですが、風呂桶で掬っては体にかけを繰り返したい泉質でした。
19時に男女入れ替えとなるので、早めにチェックインしてすべてのお風呂を味わうのをおすすめします。
また、畳敷きの館内なので、足元の解放感は歩き疲れた人にはたまらんものがあります。
IMG_1268
酒とつまみを買って、テレビ見ながら飲む…若干のむなしさを感じつつ、一人だからなせる自分だけの時間を堪能しました。
この旅を楽しんでいる間に、イギリスがEU離脱してたというビッグニュースもありましたが…。
翌日は、諏訪大社を目指します。乞うご期待。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中