就活死ね2017

2016030501

2017年卒向けの就活が始まりました。
去年よりも前倒しで始まった就活、大人の都合でまた大学生が振り回されると考えると、かわいそうな目で見てします。

説明会の開始時期と内定を出す時期に間があるのですが、その間こそ熾烈な就活が行われているようです。インターンシップだったり、企業説明会内で行われる「面談」が内定解禁前の「選考」であると。
そしてその「選考」に通ると「合格」と言われるそうです。
取り決めとして「内定」とは言えないので「合格」扱い。内定課解禁時期になると「合格」が「内定」に進化した!というシステムになっているそうです。ポケモンみたい。
この情報は昨年の新聞記事や、又聞きみたいなものなので、…だそうですという非常にあいまいな表現しか使えません。
ですが、そういう実感はやはり渦中にいる学生が一番敏感だと思います。
とにかく、就活を終えた人(バブル期や氷河期、数年前の人、去年の人)の話が、参考にならないオンリーワン就活が続いてます。
そんな五里霧中な世界を突破する確実な方法、でググっても出てこないので、私がこの数年で培った考えをば。
それは、社会人と話す努力をすることだと考えています。
大学生なら、所属ゼミの教授にレポートの提出がてら世間話でもして打ち解けてみたり、就職課があるなら就活って何?おいしいの?から尋ねてみたり、カウンセラーに失礼な態度を取って怒られてみたり。
アルバイトをしてるのであれば、店長や主任とシフトの話以外をする努力を試みたり。
私もそうだったのですが、人と話すことに慣れていないので、就活に耐えられなくなる人が少なくないと思います。
だから、人と話しても疲れない心と体を育んで欲しいです。
これは早ければ早い人ほどいいことだと思いますが、就活が始まってからでも、駆け込むように研究室なり就職課へ行ってほしい。就活は気付いた者勝ちだと思います。
ちなみに、就職はしたいけど、やる気は起きないし流れで説明会に参加する人は、思い切って就活はやめてみたらいかがでしょうか。
代わりに、留学なり旅行なり就活とは離れた世界に行くことを勧めます。
アルバイトはお勧めしません。今自分で稼いでる状況にどこか安心して、将来に対する危機が鈍磨してしまいます。
せっかくの大学生活です。なにかひとつ活動してみましょう(特に文系)。
卒業して、年金機構から未納の督促状が届くとすごい危機感あるよ!そんな風にはなりたくないだろう?

と、えらそうな文章をつづりました。今度は働いてからも地獄であるという大人の話をお送りして、就活生のやる気を削いでやりたいです。
あ、AKIRAのLINEスタンプ買っちゃった☆
LINEなんかやらねえよ!スタンプに課金なんかするかよ!って息巻いてたのね。
まじ最高っすわ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中