コミックマーケット89・2日目

DSC_1105

去る12月30日のコミックマーケット89にサークル参加をしました。
世界規模のイベントに念願の参戦、そのレポートをお届けします。

朝5時に起床、準備をして一路東京ビッグサイトへ。
3日間の開催のうち、1,2日目は比較的おとなしいので電車もそれほど込み合うことなく乗れました。
豊洲で一緒に参加してくれる剣さんと合流し会場へ。
DSC_1107
ぱぱっと設営。
新刊にコピー本、にぎやかなスペースになりました。
設営時は暖かかったのですが、シャッターが開くと途端に寒くなりました。
ホッカイロを張ってきて正解でした。

10時になり会場内外が拍手で沸き立ちました。壁サークル目当てで我を失った王蟲のような列を観たり、コミティアではなかなかみられない規模の移動がみられました。
開始1時間は試読される方がちらほらだったので他のスペースでウィンドウショッピングを楽しんだり、余裕がありました。
ingress本が売ってのでうほうほしながら買いました。
私の緑のがまくち財布をみてEnlightenedと見破られました。
他には高校時代初めてコミケに行って買った「ハルヒトラー1945」が再録本として売られていたので懐かしさのあまり購入。
初めて買ったのは教頭先生に差し上げたので手元には残っていなかったのだ…。

自分のスペースに戻ると友人はじめ知り合いが来てくれました。
嬉しかったです。

新刊・既刊・コピー本がちょろちょろと売れ始めたことも嬉しかったです。
特にコピー本で作った「履歴書の本」は多くの参加者の目に(表紙だけ)とまりました。気になるけど読むまでは若干のハードルがあったのかと思いました。
夢のような世界にきてまで現実みたくないもんな…。
それでも試読してくれたり、買ってくれる方もいました。売れる売れないは別にして参加者の反応が面白かったので、内容を練ったうえでしっかりとした本を作りたいと思いました。

3時になり、そそくさと撤収しました。
早起きとおにぎりのみの昼食で心身が痩せました。
バスで東京駅まで行って、卵料理屋さんでおいしいラザニアを食べました。
そういえば、あの店の客ほとんどコミケ帰りの人だった…。

同人イベントは初めてではないにしても、コミケというある種神聖なイベントだと規模も段違いで驚きがありました。
思えばコミケには憧れていました。高校時代に読売新聞の記者がコミケに参加したとかいう記事を読んでからがすべての始まり。
買う側として楽しむも、机の向こう側へはまだとても届きそうもない…そんなセンチメンタリズムをつい最近まで持っていました。
しかし、今回念願の机の向こう側に立ち、コミケの売り手買い手双方の魅力を確認できました。本当に参加してよかったです。
今年の冬も、できたら参加したいです。

その前に5月のコミティアの参加を考えねば…。

ついでにレポート漫画も描きました。

report0001report0002report0003report0004

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中