贈呈ウォッチ

001
腕時計を授かりました。


003
数年前にギフトカタログで手に入れた時計が時を刻むのをやめ、いつか買わなきゃなと考えていたところ手に入れることができました。親戚のお兄さんには最大の感謝をこの場で申し上げます。もう頭上がらんわい。

私と腕時計との関係は非常に浅いです。小学生時代にトイザラスでハム太郎の腕時計を買いました。開封する際に余ったベルトを収めるバンドもろとも鋏で切ってしまい、常にベルトがぺちぺちする状態に。
それからソーラー腕時計をもらうも、今回授かった腕時計のように自力で調整するタイプではなかったので、うまく立てかけてトイレの時計として使っていました。
私にとって腕時計はその程度の存在でした。しかし、社会に出て腕時計が身だしなみの一部であるという意識に少し変わってきたので、これからはことあるごとに身に着けたいと思います。もったいないし。

004
…なにか、思い浮かびませんか?

あ…(察し)
005

やっぱりな、枕がでかすぎるんだ。
…恩を仇で返す人間の屑、はっきりわかんだね。
本当にすみませんでした。でも、可動フィギュアの素材として使いたいと思います。

20150906012015090603
クローズが復活して本当にうれしい。眉毛無くて目つき悪い子は大好きよ!
きららのお誕生日が近いので、いただいた腕時計と共に絵にしました。
やべぇよ、プリンセスプリキュア面白いよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中