コミティア112レポート②

DSC_0923[1]

コミティアの戦利品。

今回のコミティア参加にあたってかかった費用を説明します。

参加費:6800円(ネット申し込み。椅子2脚)
冊子印刷代:19660円(40P、20冊、フルカラー)
会場発送費:872円(ヤマト運輸利用)
交通費:2000円(交通系ICカードにチャージした金額)

上4つはどうしてもかかりやすい費用だと思います。運搬費はキャリーケースを使って浮かせることもできます。
印刷費は印刷所によって金額が大きく変わります。

ポストカード用紙:400円
無料配布用紙:700円
カード立て:70円
プリンタインク:4000円

無料配布用紙は500枚入りの色紙を買いました。
あと何回コミティア出ればこれ処理できるのか謎です。
カード立てはスペースディスプレイの見やすさを考えて買いました。

他A4用紙ポスターを吊り下げる道具の検討もしましたがやめました。

設営に関わる話にもなりますが、レイアウトを考えてたときはどうも道具が必要になると思いました。工夫する頭がないので金がかかりっぱなしです。

ちなみに今回の総売り上げは8100円でした。
印刷代は度外視するとして参加費用はペイできました。
もちろん参加費用も賄えない売り上げも当然あるわけで、儲けるということが難しいこともわかりました。

 
設営、販売戦略の話。
今回既刊を携えての参戦だったのでスペースが若干彩を増しました。
既刊があるっていいもんですね…。
去年同様イーゼルに本を立て掛けましたが、自分にとっては見本誌でした。
その本を試読してもらってから平積みされている本を取るかと考えてました。
しかし、そんなことはありませんでした。自分が買う側になってみるとやっぱり平積みのほうに手が伸びる。
こうなるともう見本誌は移動したほうがいいのか…?
隣のサークルさんがやっていたカードに必要な情報を書いてクリップで止める方法がすごくよかったので次回参加に役立てようと思いました。
ちなみにイーゼルがあると売上表やお金が隠れるいい場所になります。

販売戦略に関しては、Pixivやブログでの宣伝はありますが、サークル同士での交流も重要になると思います。挨拶代わりに新刊買ったり、人がいるというところにまた人が引き寄せられたり。いくら一方的に宣伝しても手ごたえは感じがたいと思います。だからコミュニケーションって大事だと思いました。
超人見知りで申し訳ないですが、人と仲良くなりたい気持ちは人一倍です。
またコミティアでお会いしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中