イスラエル料理

IMG_1260
イスラエル料理を食べてきました。

きかっけというほどもないのですが、今読んでいる新書でイスラエルが出てきたり、TopGearの中東スペシャルでも舞台になっていながら、日本になじみのない国なのでまずは料理から食べて少しでも興味を持とうではないかという、至極まっとうな理由で食べてきました。イスラエル軍強いしかっこいいという興味もありましたけども、今回関係ない。
友人の105さんもこの誘いに乗ってくれ、意気揚々と店に突入するのでした。

江古田駅南口の江古田銀座にあるシャマイムというお店です。
駅からすぐ。狭い階段を上り、真っ青なドアを開けます。
入ってすぐ鼻をつくスパイシーな香り。
店内の装飾も相まって期待値があがります。
予約なしで突入したのですが、3席に1つは予約席と人気があることをうかがわせました。
店内にはスクリーンがあり、おそらくサッカーなどの試合観戦もできるようになっているかと。
IMG_1257
冷えてるビール。イスラエルのマカビービールをいただきます。
炭酸弱めのすっきりした味。何杯もいけるぜみたいな味でした。
IMG_1259
シシカバブセットをチョイス。
おなじみピタパンとフムスというひよこ豆のペースト。フライドポテトにサラダがついてる料理。
シシカバブはハーブが効いていておいしかったです。
冷めると切りにくいので熱いうちにたべるのが吉。
105さんはシャクシューカというトマトオムレツのセットを。
中辛トマトカレーみたいな感じでした。
今回セットの中で興味深かったのがフムス。
豆と調味料の絶妙な味に虜になりました。
調べてみると中東の伝統料理であり、栄養豊富で健康志向の人にも好まれる料理だとか。
フムスだけ食べたい衝動にかられました。一般的な食べ方としてはピタパンに付けるみたいですが。
様々な宗教や宗派がひしめく土地で誰でも食べられて栄養が得られる料理というのも感慨深い。
他シュニッツェルセットもありましたが、肉は鶏肉のようです。つまりユダヤやイスラムでも食べられるということですね。ということは、お店のメニューはどの宗教を信仰していても食べられるものでは。
土着民がいない地なので郷土ってほどでもないけど。
同じ料理名でも材料の違いが判るとまた食べる時の気持ちが違うなあ。
105さんとの会話もはずみ、食事もおいしく良かったです。

そのあと4年ぶりのバーに行ってお酒を味わい解散。
105さんにはほんま感謝やで。

今後もなじみのない料理にチャレンジしたいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中