MPが足りない

001
今回は簿記3級に合格した記念として、勉強方法でも紹介します。
これから勉強する人、もう勉強してる人の役には立たない話です。

まず、今回の試験が神回という言葉がふさわしいくらい易化してたことです。
地元商工会議所によると、合格率が30%。決して高い数字ではありません。
しかし今回合格率が45%ととんでもない数字をたたき出しています。
このボーナスステージに参加できたことが、合格の要因だと思います。
過去問解いたら他全部合格点届いてませんでした。
2月に持ち越してたらと思うとぞっとします。

そもそも、勉強始めたのは6月なので、受からなきゃおかしいわけですよ。
それだけ時間があったという(ニートしてたしね)ことです。
勉強方法はテキスト読んで付属の練習問題を解くというもの。
「スッキリわかる簿記3級」のテキストを使いました。
1000円しなかったので。
文が簡潔なので読み辛いことはありませんでした。
わかりやすいかは個人差があると思うので、書店で読み比べしてください。
時が経つにつれて、理解も深まりつつありました。
しかし、わかりにくい部分というものがあるわけです。
繰り延べ見越しや決算項目が苦手だったので、何度も同じ問題を解いてました。
ひらめとカレイの見分けがつかないレベルの私も、試験直前になってようやくこれが魚であると認識できるレベルに進化できました。
9月からは過去問を購入し、過去問を解く日々が続きました。
1問目の仕訳問題が豊富に乗っていたので、写メして出先でも問題が解けるようにしました。金を稼ぐようになってからは始業時間前にいつも解くようにしました。
まあ、3,4回同じ問題やっても間違えるありさまでしたが。

試験直前になって、過去問の付録に最近3回分の問題がついてることに気が付きました。
慌てて解き始めたが時すでに遅し。
そこには凄惨たる点数が並んでいました。もう間に合わない。
そういう失敗をおかしたことが緊張を増幅させ、試験後の自暴自棄まで続きます。
合否を確認した後、リベンジに取り掛かろうと構えていたのですが…。

それが受かっちゃうんだから、人生怖いね。

今後は2級を視野に勉強します。
勉強が下手な人間なので、6月の受験をもくろみます。
締切直前の追い込みとか徹夜ができない・したくない人間にはこれくらいがいいや。

なお、夢の特車2課配属の夢は来年に持ち越された模様。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中