イギリス旅行第三話「極寒散策」

225
グリニッジ散策とちょっとしたショッピング。

005
朝食。毎日同じなのでこれしか撮ってません。飽きが来た方は是非カフェで朝食を。
023024
バンク駅から乗り換えてドックランズ・ライト鉄道を使います。
車両は最新式でなかなかの乗り心地。ウィーンの地下鉄を思い出しました。
アイランド・ガーデンズ駅で下車し、歩行者専用通路でテムズを渡ります。内部は明るく、危険な香りはなかったです。
229230
旧英国海軍大学を見たり、天文台を見ました。
この日は雪がちらちら舞うくらいの寒さで元気にシャッターを押す気にはなれませんでした。
世界標準時。実はロンドンの時計って見かけはするもののあっているかどうかがわからんのです。しかも友人ら全員の時計がずれているという可能性もあり、「だいたい」で行動していました。きっとこの標準時もずれているでしょう。
231240
天文台の丘からロンドンの高層ビル群を望む。
本初子午線の部分だけフェンスが違う。この後海洋博物館行ってネルソンの軍服見ました。
どこの博物館行っても思ったのですが、展示方法が斬新で、大人も子供も十分に楽しめるようになっていました。外国ageしてますが、日本の科学技術館は好きです。
025029
DLRは簡易改札です。それゆえ他の鉄道に乗り換えしなければ無賃乗車が可能になってしまいます。しかしそこはしっかりしてますね、検札ありました。
035036
その後、ピカディリー通りの大型書店waterstoneで買い物です。
191
私のことだから何を買うかはだいたい予想ついていたのではないでしょうか。
これでだいたい20ポンドです。税金がないだけ安いほうです。友人は重い書物を購入してました。あまりに重いのでホテルにおいていったようですが、ずいぶん苦労したそうです。お疲れ様です。
037038
みなホクホク気分で書店を後にし、近くのフォートナム&メイソンに向かいます。
道すがらちょっとしたマーケットを発見しショッピング。
ここでみつけた共産主義のバッヂに一目ぼれして購入しました。
195
共産主義は好きではありませんが、興味はあります。
039040
家に飲み切っていない紅茶の存在を思い出してここでのお土産は買ってません。
紅茶以外にも様々なものを扱っているF&M。さながら高級マーケットです。
ワインコーナーに向かうと訳の分からないケタのワインがあったりしてドキドキしました。
ガラスケースに飾ってありましたが、損傷させたときの恐怖でがちがちです。
248249
最後はピカディリーのエロス像。エロスです。エロス。
ここの繁華街はお土産屋さんが多く構えてあって好きです。近くにロンドン三越、多くの劇場、有名ブランド店があります。ショッピング重視の方は飽きませんよ、きっと。

滞在も3日目で、私はそろそろどこを回ろうかネタが尽きてきたころでした。
計画性のなさと、どうリカバリするかという課題をこなすことはできたのでしょうか。
4日目をお楽しみに。

広告

One thought on “イギリス旅行第三話「極寒散策」

  1. ピンバック: イギリス旅行後日談 | 私 立 平 成 草 薙 学 園

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中