炎のランナー

OPで流れるこの音楽が有名です。
昨年のロンドン五輪開会式でMr.ビーンとコラボしたのは記憶に新しいです。
知名度は十分ですが、内容を知らなかったので観てみました。

主人公は2人。ケンブリッジ大学に通うユダヤ人のエーブラムズと啓蒙なキリスト教徒のリデル。
一人はイギリス人として認めてもらうために、一人は神のために走るという信念を持っています。
近づくパリオリンピックでメダル獲得のために切磋琢磨する二人。コーチをつけて特訓をするエーブラムズに大学の先生はアマはアマとして、紳士的敗北をおします。それ以前にもユダヤ人であること、親が金融業ということを罵っていました。エーブラムズはその差別をメダル獲得で見返そうとしていました。
一方のリデルは啓蒙故に日曜の安息日には練習をしませんでした。その真面目さがオリンピックでハプニングを起こすことになります。また家族から勝負に狂信的になることを心配もされました。
彼らが競技に臨むことにどれほどの信念や覚悟があったか、そしてオリンピックの活躍は?
是非見て欲しいです。

彼らの根底にあるゆるぎない信念は見てて爽やかでした。差別や信仰を糧にコーチに特訓を頼んだり、競技日程の変更要求までする頑固さというのは今の時代にはあまり見られないものです。自分にその頑固さがあるかといったらないです。彼らはただのカタブツではなく貪欲でもあります。観ていていやにならない熱血でした。ああ、爽やかになりたい。走ろうかな。

uni2013010301uni2013010302
久々に制服。
江戸川女子と文華女子。
江戸川女子に限らないのですが、チェック柄のスカートは毎回骨が折れます。
それっぽく描くのに精いっぱいです。
最近はダブルボタンのブレザーが減少しつつあるので是非とも生き残ってほしいです。
えんじ色のネクタイも映えます。

文華女子はデザイナー制服ですね。
ブレザーを留めるボタンは一つ。特徴があって可愛いです。
色も落ちついていておしとやかな雰囲気が漂います。
替えのスカートは赤を基調としたチェックスカート。水色のワイシャツもあるようです。
種類が多いと楽しそうですね。

やりなおし!

2012122701
どうしてできねいんですかねぇ…。
友人に数学教えてもらったのですが、もっと前の単元からやりなおしたほうがいいと言われました。
ですよねぇ…。
中学、ひいては小学校からやり直さないといけないくらいひどいんですよねえ。
特にプラスマイナスの付け間違えが多く、結果わけのわからない答えが組み上がります。
数式見ると冷静になれないのがバレバレ。
ケアレス航空の入社も近いですね。ピアノ落としなら任せてください。

年末から冬休みにかけて部誌の原稿をしてました。
セリフと調整いれればおしまいまでやりました。
久々に現実以外の事で悩みました。でも楽しかった。
自分で納得するのもいいけど、読んでくれる人のお眼鏡にかなうように努力したつもりです。
…これESに使えませんかね?はぁ、無理ですか。

本当は先月中に話を考えて、年明けには出来てる!みたいな理想があったんですけど、ページの兼ね合いと、話の収集のつかなさで話とキャラを大幅に変えました。
今思えば大正解でした。明らかに1984年のパクリだったし。
なので原稿のやりなおしはありません。あったら死ぬ。
原稿はあとちょっと。なんとしても終わらせます。

ドキドキプリキュアのキャストも決定したし、楽しみ。
キュアロゼッタちゃんきゃわわ。でも中の人的には寿美菜子さんきゃわわ。

新年のごあいさつ

20121231012012123102
新年明けましておめでとうございます。
昨年は当ブログをご愛顧いただき誠にありがとうございました。
本年も変わらぬご愛顧をいただけたら幸いです。

簡単に年越しの出来事をば。
710603091710760503
長い間作ってきた千羽鶴をお焚きおげしました。
手が退屈になった時になんとなく作っていたら御覧の量になりました。
飾るにしても微妙なのでお役御免となりました。
地元の神社に行くというのは小中時代の旧友と会える絶好の機会です。
何年振りかに会う友人もいて喜びはひとしおでした。
焚火を囲んで近況や2次元嫁の報告を聞くのは楽しいひと時でした。
お参りを済ませ御神酒の妙な味に病みつきになり2巡したり、
ケーブルテレビのインタビューに答えたり、
膝だけやたら熱くなったり、
幸先良いスタートを切れました。

CTVのインタビューで抱負を聞かれたのですが、「仕事見つけること」と答えました。
今年はもう仕事就いてることを前提に、いかに社会人として生活をするか、が今年の問題です。
運動することも目標です。バイト退職以降体力の衰えを感じています。いきなり走る事より、まずは歩いて足を馴らすとか、地道なスタートです。
来年も自分は変わらないと思いますが、どこか変わったねと言われるように努力します。
ということで、皆さま本年もよろしくお願いします。
201301010123000201301010029000

2012 in review

WordPress.com 統計チームは、2012年のあなたのブログの年間まとめレポートを用意しました。

概要はこちらです。

2012年のカンヌ映画祭予選には4,329本の映画が提出されました。2012年にこのブログは約21,000回表示されました。各訪問者がもし映画1本を作っていたら、映画祭を5回開くことができます。

レポートをすべて見るにはクリックしてください。