frohe weinachten

2012_1224_220700-IMG_0681
この3連休の動向。

201212222125000
土曜日はドイツ語の先生に関係のある人を中心に映画鑑賞と飲み会がありました。
映画鑑賞はラスト20分に出席する有様でしたが、「大脱走」のテーマを適度に聴けて良かったです。
飲み会は久々においしい日本酒にありつけた興奮でかなり飲んでしまいました。
山形の「初孫」と群馬の「尾瀬の雪どけ」は精米度も高く、甘い味でうまうまでした。
ワインもおいしいかったです。
出席者に来年度ドイツに渡る学生がいたので、その期待や不安に耳を傾けるのが楽しかったです。
学生のうちに色んなカード使って行くのは賢明だなと、もうすぐ終える人間が考えます。

日曜はプリキュアを見て、友人にクリスマスプレゼントを着払いで送りました。

月曜。
友人の計らいで、ミサに行きました。
その前には99Rout Du Chocotatというチョコ菓子店でプレゼントを購入。
どのチョコも宝石みたいに輝いてました。西武のデパ地下が霞むは。
その後は本屋で手が出せない本をみてため息ついたり、さくら水産で鍋を囲んでました。
鍋が値段の割に大きく、お腹もだいぶ膨れました。
そしてついにミサへ。学校内の教会なので、学生で溢れていました。
短パン制服の小学生や、やたらボタンの多い学ランは目の保養になりました。
都内一等地だけあって保護者の品や車は納得でした。

ミサに参加するのはオーストリアの聖母被昇天日以来でした。
新しい発見を探しましたが、やることは殆ど同じでした。
歌い、朗読し、説教し、朗読し、歌い、うっすいパンもらい、歌う。
違うのは学生が司会進行したり、聖歌隊(一人)を務めたり、教育の一環である感じがしたのと、可愛いキャンドルを渡されたことでした。
2012_1225_022031-IMG_0684
しばらく手に持ってたので、装飾のラメがべっとりついてしまいました。

しかし色々と学ぶところはありました。
クリスマスはキリスト教徒の祝の日であると。
今まで普段よりおいしいご飯が出て、クリスマス特番を見るか、画面の向こうの嫁とケーキを頬張る日だと思っていましたが、本来の行事に参加して随分印象が変わりました。
それでも私はおいしいご飯をいただき、嫁とニコニコする日を送るでしょうが。

キリスト教には色々恩恵を受けている部分はありますが、歴史を振り返るとひどいものなので改宗する気にはなれません。さんざ腐って破壊してるのに許されようとしてるのがいただけない。磔のオッサン見て祈るとか悪趣味だし。絶対に許さない。
そんなこと言ったら綺麗な宗教なんてものはないのですが。
あ、トラピストガレットはおいしかったです。

2012_1224_224958-IMG_0683
家に帰ってけいおん!みました。
銀幕にすると日常(?)アニメはだれますね。あとロンドン旅行で終わるかと思ったらその後もあったのは、まだやるの?といった感じでした。
ロンドン旅行は懐かしい思いで見ました。ここ行ったなあとか。背景の繊細な描写は素晴らしかったです。展開はどこまでもファンタジーでしたが。
作画は重みがありました。歩く動作とか、手の動かし具合とか、京アニならでは技でした。
あずにゃん髪の毛おろすと澪と区別がつかなくなるのでもうずっと結んでて良いよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中