徒然後日談(再稿)

2012_0909_121817-DSC_0005
お土産の一部公開。
ロンドンの地下鉄路線がプリントされたティーマット。

2012_0909_121609-DSC_00042012_0909_122629-DSC_0007
紅茶の名店・フォートナム&メイスンのアールグレイとダージリン。
25袋入り1箱3ポンド。
対してヨークシャーティーは80袋で2.8ポンド程。
2012_0909_123054-DSC_00112012_0909_123107-DSC_0012
マンナー・ウェハースと、オレンジ味のスナック。

さて、今回の旅でお世話になった資料をあげていこうと思います。
2012_0909_123918-DSC_0017
わがまま歩きでお馴染みの旅行ガイド。
世界の歩き方もいいですが、あえてこっちにした理由はみんな持ってなさそうだったからです。
演習で一緒だった人たちはみな世界の歩き方でした。
2012_0909_124039-DSC_0018
「英国爆走旅行」昔コミティアで購入した冊子。
中身は著者ご夫婦が新婚旅行でウェールズを車で駆け抜けたというもの。
この本でB&Bの存在を知り、旅行の妄想を膨らませました。
ドイツ便利帳
生活のシステムが似通っているので参考になりました。
あとは教授の話とかで影響を受けました。
特にイギリスに関しては1年の時の英語講義の教授の話がひたすら興味深く、2年のゼミや、3年の英語講義も取りました。
紅茶がめちゃめちゃ安いだの、ウールセーターが安くて冬に着るとこれだけで過ごせるだの、話を聞いてるだけでうっとりしました。
イギリスより長く過ごしたオーストリアですが、これは歴史や車が興味深かったです。
高校世界史やTopgearで紹介される数々の車で大陸に興味を持ちました。
あの街を走っているシュコダはたまらんです。日本でお目に掛ることは殆どありません。シュコダはチェコの自動車ですが、VWの子会社でもあります。ラリーでもおなじみです。
お世話になったホテルとレストラン
ホテル・オーストリア
ホテル・モンタナエクセル
ハルシオンホテル
パブ&レストラン ウィスキー
イビス ロンドンヒースローエアポート

話が随分逸脱しましたが、送った小包の続報でも。
てっきり送った後は税関で保管されているのかと思いきや、送って3日ほどで自宅に着いてたそうです(父親談)。
手紙もその翌日に着いていたそうで、遠いと思っていたオーストリアは随分近く、早かったです。代わりにイギリスはもうちょい遅い。
一応別送品表示をしたので、税関の手続きをしなくてはいけません。
機内で税関手続きの紙が配られます。別送品がある場合は2通もらって同じ内容を書いてください。内1枚は証明書扱いになります。
税関前にも用紙はあるので、もらい損ねても慌てることはないです。羽田はそうでした。
その後送った荷物に酒やたばこはあるかという確認を受け、ないと答えました。
ハンコを押され手続き終わりです。
後は徴税の手紙が来ないことを祈り、お土産のお菓子を頬張ります。

昨日は父と近所の回転寿司に行きました。
久々の米と魚を夢中で頬張り、良いお値段を張ってしまいました。
オーストリアとイギリスにも回転鮨屋はありました。
日本の代表的な食に、回るというエンターテイメントが受けるのでしょうか。
あと店の威勢はとてもびっくりしました。
日曜だったこともあるのですが、日本の接客の良さは本当に誇るものがあります。
ただその裏に相当じめついた何かがあるのは確かです。
たらふく食べたその日は寝付けず、蝉が鳴き始めた5時過ぎにやっと床に就けました。

今日はクリーニングの帰りにスーパーに寄ったのですが、お酒の値段の高さを改めて認識しました。
あと営業時間とかも考えさせられました。確かに夜急な買い物には便利だと思いますが、店を運営する人の生活がないがしろにされてる気もきます。
当たり前すぎて気付くのもたるかったことですが、見聞を広げることの効果を身に感じています。
それにしても暑い。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中