残りわずか

065tiltshift
今日はフィールドワークのような授業でした。
渡されたレジュメの穴埋めをしながら、目的地まで目指すというもの。
3人グループで行動しました。日本人のRさんと、ロシアからお越しのI 氏。

談笑しながら向かった先はマックカフェ。
はなから外を歩く気はなく、ネットの力()で穴埋めを試みることに。
Rさんの辞書が冴えました。I氏のアイパッドが冴えました。
私はオレンジジュースを飲んでただけのお荷物です。
しかしいろいろ調べてたらタイムリミットが近づき、目的地であるアイスクリーム屋さんを目指しました。
013 (2)016 (2)
みんな着くの早かった…。最後のほうに到着し、サロンでわいわい。
左の画像、右がI氏。左はトルコからお越しのN氏。
道中I氏についていろいろ知りましたが、モスクワ大で心理学の講師をしてるそうです。
既婚でした。見た目が若そうだったのでそうは見えなかったのですが、髪の毛みたら年の功がみえましたよ。帰りは車でロシアまで帰るそうです。地続き羨ましいですね…。
…いや、そうでもないかな。
025 (2)026 (2)
現地解散後、人生初のケバブを食しました。今更だとは思いますが、ウィーンはこのようなフードスタンドが多いです。トラムの停留所をはじめ、多くの場所で見かけます。
003008013017
シェーンブルン宮殿を見に行こうかと考えましたが、考えただけで実際はドナウ川まで来ました。
大きいだけで、景観はブダペスト以下でした。
058014
ウィーンには旧ドナウ川と、新ドナウ川の二つの川が流れてます。
先の画像は旧ドナウ川。
025027
これが新ドナウ川。川幅は狭いですが水はきれいでした。泳いでいる人も見かけました。
ただ橋から見た景色が入間川を思い出したり、遠く見える国連都市がさいたま新都心に見えたり、なんか川越っぽいな、なんて思ったりもしました。
018042
後ろを向くとハイリゲンシュタットが。
ウィーンは本当に田舎の中の都市なんですね。
030016
そんなに高さはなさそうでしたが、やっぱ危ないですな。
058061
リングのそばを流れるのはドナウ運河。こっちはなかなかの景観。
郵便局の車。この国はやたら黄色が多い。
063066
リングシュトラーセン・ガレーリエンというデパート。
069073074075077078
堂々と入れるのはBILLAだけっすわ…。他は怖気づく。
082084
088089
外国補正で陳列がかっこよくみえる。
095097
大きなレッドブル。普通サイズでも1.39€。日本は成分も弱めのくせになんで高いのでしょう。
レジ。自分も座ってやりたいわ。

あっという間に終わってしまった生活ですが、濃密な時間を過ごさせていただきました。
あとはこれを帰ってからも生かせるかどうかです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中