時間が溶けていく…

003
グリーヒェンガッセ。ここの通りも撮り方次第で良く見えます。
非常に短い通りです。見方によってはがっかりスポットです。
今日はMAKというデザイン美術館に足を運びました。

010017
なぜ火曜日に行くかというと、午後6時から10時までは入場無料なんです。
ガイドブックには土曜は無料と書いてありましたが、どうも違ったようです。
6時までの暇つぶしにまたウィーンを散策しました。
例のグリーヒェンガッセの奥はバイスルになってます。
郵便局が近くにあり、大きい建物も多いです。
020021
バジリスクの壁画。
ウィーンの路地はまた良い趣があります。
治安がいいというのは素晴らしいです。
日本の路地も好きです。
027029
大学で使ってるドイツの教科書の表紙のアングルを求めて撮影。(画像左)
うまくトリミングすればぽくなるかも。
030031
ショッピングモールの最上階から。
ランドマークより高くする建物はないです。
法学で景観に関する判例をみたのをおもいだしました。
京都に大きなマンションを建てることが景観を損ねる云々の内容。
032034
途中スーパーによってドリンクを購入しました。
さすがリンクの中は違いますね。コンベア式レジと日本でおなじみの方法のレジがありました。
焦る必要がなくなっていいですね。
057058
紆余曲折の末入館。
吹き抜けで明るい!
059064
素晴らしい模様がたくさんありました。
070076
展示方法も魅力的で飽きませんでした。椅子のデザインが多かったです。
082083
085088
MAKはリング外の北側にあり、そこは観光客は比較的少ないです。
それでも無料の日はにぎわいます。それはそうだ。
101104
椅子の部屋。
美術の教科書でみたことある椅子が数点。椅子ってこんなにもデザインの幅が広いんですね。
107153
椅子とテーブルがあります。これには感心しました。
110115
ガラスの部屋。
119123
130131
132143
良いデザインはいつみてもいいデザインです。
この形を考えるまでにたくさんの失敗を重ねたと思うとよけい感心してしまう。
146149150151
食器や家具などの身近なものがたくさんあって楽しかったです。
絵をかくときの模様として参考にしたりできます。
ティーカップとソーサー一つくらいほしい…。
154165166167156
館内。
他特別展もありましたが、写真撮影は禁止でした。
iMacの変遷や、義手、義足、車いす、フィリップスの電動歯ブラシが展示してありました。
特に義足や杖は見てて楽しかったです。これはまだまだ進化する分野だと思いました。
義手はシンプルにできてて、鉄雄の義手をこれにしたら受けるなと思いました。
178054
1か月という長い時間に安心してしまったのか、今後の予定がうまく組みあがりません。
もっと時間を決めて行動すればたくさんのものを得られるし、制限時間内に得ようと必死になれるものです。これじゃあ昨日の昼に食べたパンの甘さと同じやん。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中