悶絶・恥辱・諦観

およそ2カ月ぶりに青海てうの憂鬱を越えて新作を挙げます
書いたのは1カ月ほど前ですが
出来が悪くて上げるかどうか悩みました
前回のお話は創作カテゴリを選択していただければみれます
2012040006
2012040007
2012040008
2012040009
2012040010
2012040011
2012040012
2012040013
2012040014

就活初めて半年
初めて面接を受けました
練習もせず、練習をするにも一歩踏み出せないような人間が
いきなり面接を受けるとなると、結果は想像に難くありません
自分がいかに重症なのかを調べるべく
購入したICレコーダを忍ばせて臨みました
・立ち位置を間違える
集団面接でしたが他の人と明らかにバッグの置き場所が違う
・自己紹介で飛ばす
大学学部学科を名乗る所を学部までしか言わなかった
・余計な発言で墓穴を掘る
CSR活動についてちょっと発言したら具体的に聞かれ頭が真っ白になった
・言葉が思いつかない
ここははっきり「知らない」または「忘れました」を言うところをえーっと連発で人事苦笑い
・笑いが無い
他の学生は随分和やかな空気で会話がでるが、こちらは単なる受け答え
・本音をいう
「複数企業から内定を頂いた場合、取捨選択の際に重視することはなんですか?」
「福利厚生です」
他の人はやりがいや雰囲気という羨ましい本音の回答
・緊張できょどる
膝に乗せてる手を強く握り締めたり、腕時計をチラ見して早くこの場をなんとかしたい気持ちになる
・質問をしない
私以外の人は質問してました。これはもし機会があるなら「私のダメなところを教えてください」とききたかったです

随分と上げてきましたが
他にも改善点があって対策を練り練りしてます
自分の声の気持ち悪さはどうにもならんのでそれを補うようにしなければ
しかしもっと志望動機をほじくられると思っていたものの
自分の事を中心に聞かれました。これはありがたかった
あと少ないけれども言いたいことを言えたのは嬉しかった

帰りに面接で一緒になった人とお話ししましたが
短時間ながらも有意義な情報交換でした
本当に色んな人がいるんですね
だいぶ救われました。ありがとうございました

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中