BLOOD-C The Last Dark ネタバレあり

大学の友人と見てきました
以前のテレビシリーズであんだけ茶番を見せておきながら
劇場版やるというIGさんの心意気に乗りました
BLOODシリーズは2000年の映画が人気になった後
+がテレビ放映。夕方の時間帯からグロシーンを放映して
当時の中学生の心を掴んだのは記憶に新しい
そして2011年に深夜でCが放映
しかしこのシリーズにCLAMPが原案ないしは協力で入ってきた
私から見ればこれはコレジャナイ感にさいなまれることになるのはわかっていた

冒頭は電車の中
初代のオマージュがあって、そこら辺は踏襲してんだなと思ったが
いまいち存在意義のわからない仲間や
モコナやホリックのキャラが出てきたり
CLAMPファンには嬉しいだろうけどbloodを観に来た客には
残念な気持ちでいっぱいになっただろう
CLAMPらしい服や造形、設定…
bloodを、あの美しい記憶をこの劇場版は1500円でCLAMP色に染め上げるでしょう
一つ一つの設定やキャラはいいんだけど
活かしきれてないし謎を残しすぎ
もったいない話やで
どうしてこうなってしまったの?

それと随分と斜め上の展開で
ウルトラマンの怪獣みたいなやつでてきましたで
でもそのCGはすごく精巧で実写みたいな感じがすごかった
おもわず2DがCGに勝てるわけねーよ、と意味不明な感想が浮かんだ
ネタバレの絵
終盤のシーン
2012061101
よくわかんないと思うけど、本当のことなんだ
巨大化は死亡フラグというお約束をしっかり守った上に
チューをよけなかったサヤに責任転嫁して文人は死にましたとさ
それをむりやり良い話風にまとめて終わった

話はコレジャナイでいっぱいだったけど
作画が丁寧で些細な動作もぬるっと動く
グロ描写も血がビュービューでたり腕落ちたり
PG12らしいです
この映画はCLAMPファンかつBLOODファンであり
CLAMPの世界観介入に耐えられるならみても良いと思う
私は狭い心の持ち主なので
満足は得られませんでした
uni2012061102
制服
小夜の着てるセーラーは普段着みたいなもので
予告で文人に襲いかかってた時の服は
潜入先の学校の制服です
やはりBLOODはセーラー服に限るわ

それと
最近就活でソウルジェムが濁っていたので
友人との交流は非常に重みがありましたとさ
浄化されたあああああ!

追記:文化庁が助成した作品らしい
もっと実のある作品に助成してほしかった

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中