野球は9人、サッカーは11人

先日バイトの休憩中にニュー速覗いてたら
ミスフルが文庫本として再版されると耳にしました
単行本とドラマCD持ってますが。

野球漫画としてはかなりニッチでもはやギャグの領域なんですが
リア中時代にお世話になった作品です
ミスフル終了後の作者鈴木信也先生の作品、バリハケンも買いましたが
前作ほどの破壊力は感じませんでした
それからVジャンで頭身低いキャラを描いてるのは知ってましたが
記憶の隅に放りこんでましたな

コミックナタリー鈴木信也先生のインタビュー

作品の感想としては初期の絵が好きだったなあ
話が進むにつれて原稿の密度が濃くなっていくのはいいんだけど
読みにくい、手がインクだらけになる、セリフのフォントが読みにくさを促している、絵が初期ほど好きじゃない
野球してない、後半の没個性、インフレ、適当な伏線回収とか
これは悪口じゃないです
それでもテンポや演出、キャラデザは学ぶところが多かった
なにより単行本の作者フリートークの面白さ
伊集院光と似たような匂いがすきなんですかね・・
言葉のチョイスも伊集院ismを感じました

今はフィールドを低年齢層向けに移してるようで
そのせいか文庫の表紙がだいぶ幼いです
正直劣化もここまできたかと思った。みんな目ぇ大きいで…
でもこのデフォルメも参考になったんだよなあ
野球?いやこの漫画は野球してないっす

なにはともあれ多感な時期のバイブルとなった作品なので
全巻買う
20111020
鈴木先生のツイッター@shinyaemon

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中