常備品

昨日は友人と遊んでた
どうもありがとう。楽しかった

2月にパソコンデスクを新調した
2か月も経てば自ずとスタメンが決まってくる
その一
2011042901
なくてはならないもの
鼻水処理・ちょっとした掃除に最適

その二
2011042902
マウスの掃除に使う
ディスプレイ拭きには使えない

その三
2011042903
チュッチュしたいけど舐めると苦そう
景気付けに置いている

その四
2011042904
今期プリキュア
作画資料として大いに役立っている

その五
2011042905
主に冬に活躍
かさかさになった指には効く
頼もしい子存在

その六
2011042906
長時間の作業のリフレッシュとして塩をなめる
ディナーをいただく際の調味料として絶大な力を秘めている
でも地球最強の調味料は味の素
塩は711で71円で売ってた

プライベート・ライアン

今回はスティーブン・スピルバーグ監督作品
「プライベート・ライアン」を観賞した

この前探した時は無かったのに今日探したらあった
嬉しかったのでさっさと借りた

あらすじ
WWⅡで戦死したライアン兄弟
4人のうち3人が戦死した
彼らの死を母親に報告するのは酷なので
生死不明の残る末っ子ジェームズ・ライアン二等兵を探し出して
本国に連れ帰る話

グロ好きには冒頭のノルマンディー上陸作戦のシーンはたまらん
モツがはみ出る手足吹っ飛ぶ頭打ち抜かれる
人が死ぬ死ぬ死ぬ
圧倒的な映像だった
1998年の作品とは思えんぞ

160分超の長編なのに飽きない
仲間の犠牲になる中でライアンという男にはそれだけの価値があるのか
任務とはなにかという葛藤もあり映像刺激だけではなかった
ユダヤ系米兵がナチの捕虜の列に「おれユダヤ」って言って
ユダヤのマーク見せてたシーンは個人的にストライク

page

第11話 「ギョギョギョ!謎のプリキュア現るニャ!」

ついにOPでお馴染みのキュアラバーが登場
viploader2d685517

度重なる失敗にセイレーンがリーダーを降ろされる
1303601441441
王子先輩にうつつを抜かしたために…
新リーダーとしてバスドラが任命された
1303601538120

かのん町で「音楽自慢大会」という安直な名前の大会が開かれることに

1303601736694
響奏もピアノの演奏で出場を決意
1303601855299
わざわざ「お泊り」までして練習したのに
1303602022207
当日肝心のピアノがない
1303602079144
ピアノを貸してくれた近所のオッサン
キュアビート(推定)も運ぶのを手伝ってくれた
青いりんちゃんさん
1303602169355
大会が開かれると思ったらトリオ・ザ・マイナーの
巧妙な罠だった
大会ポスターはわざわざバスドラが作ったという…
1303602313055
なに張りきっちゃってんだよ・・・という顔
1303602383357
とりあえず許せん

1303602551228
viploader2d685524
1303602597320
viploader2d685531
敵わんなり・・・
1303602621811
ついに
1303602672035
キュアミューズの
1303602744602
登場やー!
おいしいところはリズムが持って行ってしまったわけですが
1303602807700
すたすた
1303602849530
「お前らホント使えないドド」
右のフェアリートーンが喋る
言いたいことは全部淫獣がいいましたとさ
おわり

今日は日曜ですか…
良い感じに晴れてるし
人いっぱい来るだろうなあ…
まあ明けない夜は来ないので
バイト頑張る

視聴終了

いやーやっとハンニバルシリーズみ終えましたよ
「レッドドラゴン」
時系列は
ライジング

レッドドラゴン

羊たちの沈黙

ハンニバル

レクター博士が味方にいればどんなに頼もしいかがよくわかる
惜しいと思う人材だよ
そしてミスターDの狂人と人間の間で揺れる心がまたいいこと
あの刺青はかっこいいと思う
あと着物着たり、オリガミ出てきたり日本の物が出てくるのは欠かせない
親日映画だと思うよ
シリーズを見終えて改めてレクター博士が愛されているキャラクターであることがわかった
時系列順に見るのではなく公開順に見たほうが面白いです

メディアセンターさん
もっと映画をたくさん見れるように規則を緩くしてください
せめて休業期間中はゆるくしてください
お願いします
次は戦争物を見る予定
プライベートライアンどこ?

連載漫画第3弾
page
だんだん伊集院みたいになってしまっている
残り2p
どうする!?

頬肉うめぇwwww

昨日大学で「ハンニバル・ライジング」観た
こういう鬼畜の出生とかってあまり見たくなかった
妄想の幅が狭くなるから…
でも脚本が原作者ということでみてみた

食わず嫌いはいけないことが再認識されてしまった
レクター青年がかっこいいこと美しいこと
序盤の失語症状態でも残忍さはすでに持っていたのが良かった
居候先の未亡人がレディ・ムラサキという日本人の設定は笑った
それでいて役者が中華という。
そしてやはりどこかずれてる日本の文化が…
アジアが一緒くたにされたあの感じがした
キルビルと比べると中華寄り
まあレクター青年はムラサキ夫人と共に過ごすことで
凶暴性に磨きがかかっていくわけです

ハンニバルに欠かせない残虐描写は健在
斬首・溺殺・人肉ウマー
その中ではやり欠かせないカニバリズムにどうして目覚めてしまったのかという
答えが今作に組まれている

作品を通して見られるのはレクター青年の美しさ
とてもいい演技だった
現在のレクター博士の方が好みなんだけどね
血をなめるシーンとか最高だろjk
あと肉にかぶりつくシーンはウホッと思った
この頭はもう治らない

ちなみに字幕追うのが面倒だから吹き替えでみた
どうでもよかった浪川さんの評価が上がった
あと芳忠さんの悪役が久々に怖かった

ゴルトベルク協奏曲アリア-ハンニバル-

この曲ははずせない