作画がおいしくない

淫獣覚醒

この時点でシフォンが怖い
 
そもそも敵はなぜ人を襲うのかというと
連中の世界にはFUKOのゲージというものがある
それを満タンにすると「インフィニティ」という無限メモリが現れ
全パラレルワールドをメビウスが統率する「ラビリンス」の支配下に
治めることが可能となる
 
「ラビリンス」という世界は超管理国家のため
今こうして毎日キーボード叩いてるわけだが、それができなくなる
好きな食べ物も食べられなくなる。ゲームもできやしない
つまり自由を奪われた世界
 
やっと本筋に戻ってきたか・・と今回を観て感じた次第
 
今回の作画 ラブの眼が大きい
ああ、怖い
 
 
皆が「明日」を楽しみにしている・・
そんな中やはり敵は邪魔するわけです
明日は来させない、と
 
エンドレスエイトか
 
 
やらないk・・
作戦はお前に任せる
 
どこぞの国の与党みたいですね
 
こんな感じの眼で「何でも言うこと聞きます」っていってくれたら
僕は全力で君を愛す
 
 
 
明日が来ない!!
 
やったー ずっと日曜日だ~

FUKOのゲージは着実に満たされていく
それにしても嫌な作画である
 
ブッキーが可哀想だ もっと丁重に扱え

敵を倒し、残念ながら明日が来てしまったわけだが
FUKOゲージは今回で満タン
ということは、インフィニティ登場・・
 
 
はい、淫獣でしたー
 
誰得レイプ眼
日本全国の幼女が泣いてしまう
 
「ワガナハインフィニティ、ムゲンノメモリーナリ・・」
 
こいつ・・喋った
 
 
本筋ということもあって重い話なわけだが
作画が微妙
 
仕事したまえ、作監

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中