campus access

映画監督・井筒和幸は
高校時代、母校を真っ向から批判した映画を撮り
物理室を占拠して上映したが
先生たちは制止しに来なかった(BE BACK HIGH SCHOOL 読売ウィークリー 2007.6.3)
 
こういう事って、自分の学校が好きだからできることだと思
反動形成ってやつかね
とても私の学校じゃできないけども(生徒心得見たら該当項目が多数)
こういうことができた当時と、井筒監督のパッチギさが羨ましくてしょうがない
…ええ、そんだけですが
やっぱ、上っ面改革より、内面から改革せんとなぁ、って
are you avarice?
what do you think about education?
why don’t we reform ?
言うだけなら簡単だけど、実行に移すのってやっぱり難しいのかな
 
―一つ窓があれば日は射すし、風が入ってくる 注意すべきは窓の位置
なんのこっちゃってか?
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中