sex appeal

受験生の諸君、ごきげんよう 頑張っているかね?
入試のエキスパートのkだ
…はい、草薙です
今日は映画を見ました
草薙はいくつか今年の目標というか抱負なるものを考えました
その一つ、映画を良く見ること
去年は2本しか見てなかったので(日本沈没と007)、今年は気になる映画は見てやるぞ、と。
で、今年一発目の映画は
「愛の流刑地」
そう、「愛ルケ」ですよ 巷で話題のアレですよ
草薙初めてのR-15映画 今回の「愛の…」は官能モノ
官能モノは今回2回目 一回目は「赤い月」だった
きっと私の胸をときめかしてくれるに違いないと思い映画館に
さぁ、「愛の流刑地」といって2番スクリーンに突撃だ 
別にこの題名言うのには抵抗は無かった 男性がこれのチケット頼むときは小声で言うらしいですね
なにより独りだったからいいやすかった
 
上映初っ端から喘ぎ声「めちゃくちゃにして…」ですって 思春期はそそりますな。
や、やべ。おお~腰振って…フーフッフッフッフ… 何?全裸だと! サイコーだな
う~ん、日本濡れ場っていうのはいいですな~
この映画は私がまだ若いからよく解らないだけかもしれない
映画の7割が裁判劇残りがやっちゃってるシーンとか。「とか」ね。
この愛してるから殺す(いや、彼女が懇願してきて殺したからどうなんだ?)の心理が掴めそうで掴めない 
三島由紀夫の「金閣寺」みたいなものなのかしら?
人妻を犯す心理もよくわからない これは男性にはわかるものなのかしら
でも、一目惚れはある
逢瀬を重ねるたびに行動が激しくなる心理もわからなくもない 人間ってそういうものでしょ
2時間あまりの逢瀬のために新幹線代に5~6万使う心理、よくわかる 逢えないと寂しいのは必ずある
ただその2時間あまりの時間をやっちゃう時間に当てたのはすげぇ なんだそんなに欲求不満か。
……で、何か褒める部分とかあるかと聞かれたら、「愛は法では量れない」 この映画の本質ではないか?
別にこの映画見てないけど見た振りするときの感想は「やっぱ、愛はこの世のものじゃ量れないよね~」
これでいい
平日だったから客入りは少ない 客は暇そうな老夫婦とかだった なんか上映の合間合間にコメントいう老夫婦の声が煩わしかった
思わず舌打ち
この映画は草薙がみてちょっと退屈と思う映画だった 欠伸を8回くらいしてしまった
でもやっちゃってるシーンは欠伸してない きもいね
もうちょっと大人になってからみたほうがいいでしょう
ただちゃっちゃってるシーンだけが目的なら見ないほうがいい 眠くなるよ
 
以上、中途半端寸評でした 理解しづらくてごめんなさい
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中